ヨーロッパ文芸フェスティバル2021

日程:  11月 19 日
会場:  オンライン
https://eulitfest.jp/
null

マレーク・ベロニカMarék Veronika
1937年、ハンガリー、ブダペスト生まれ。国立人形劇場に勤務後、絵本作家になる。彼女の作品は世界中の子供たちに愛され、これまでに日本でも30話以上の作品が翻訳される。日本では1960年代頃から紹介され始め、現在でも『ラチとらいおん』『ブルンミとアンニパンニ』など多くの作品が親しまれている。

内川かずみUchikawa Kazumi
大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)比較文化専攻・ハンガリー語科卒業。ブダペストのエトヴェシュ・ロラーンド大学(ELTE大学)に常勤日本語教師として務める傍ら、ハンガリーの絵本・幼年童話を翻訳している。同大学ハンガリー語・ハンガリー文学研究科にて修士号取得。翻訳にバーリント・アーグネシュ『こぶたのレーズン』、ヤニコフスキ・エーヴァ『ふたごのベルとバル』などがある。